22歳独身女性ショールームスタッフのプチ援告白

誰かに愛されるということは、その分、憎まれるかもしれないということ。
出会い系サイトには、援助交際やプチ援を求める人たちであふれている。

その目的は人それぞれ。
ただの遊びだったり、本当に恋人を探していたり、プチ援や援助交際目的だったり、
または、一回だけエッチできればそれでいい、だったり。

私は人が好き。
出会い系サイトに登録したのは、人間をもっとよくみたかったから。

こんな理由で出会い系サイトを使うような女って、珍しいと思う。
だから私はポイント稼ぐ気なんてないし、誰かと出会うつもりもないし、
ちゃんとプロフや写真を載せる気なんて、さらさらない。
プロフはでたらめだし、写真はネットで流れている素人の女の写真を貼った。

たくさんのメールがくる。
愛人を探していたり、プチ援とか援助交際を申し込んできたり、誠実なメールを送ってきたり、
口説いてきたり。

面白かった。

私は、前に別れた男と手痛い恋愛をして、ひどい別れ方をした。
だからプチ援以外ではしばらく誰かと付き合う気なんて、ない。

恋愛の終わりっていうのは、別れじゃない。もう二度と会わない、縁を切る、そこまでいかないと
本当に別れたとはいわない。そして、私はその男と生まれて初めての『本当のさよなら』をした。

最後の最後まで喧嘩をした。
憎しみと怒りをぶつけられて、呆然とした。

出会った頃、付き合っていた頃のあの優しさ、愛と。
別れる時に、憎しみと怒りにまみれた言葉の暴力の数々。

それを比例して、悲しくなった。

愛されるということは、憎まれるということでもある。
そして怒りの背後には悲しみがある。

怒りは時間をかけて悲しみに変わる。
私は最初から、悲しかった。憎む気すら起きなかった。彼の言葉は本心とは違う。と知っていたから。
でもそれを知っていても憎悪に満ちた言葉は、悲しかった。

思う。
いつか何年後かに、彼は、私への怒りが悲しみに転化するのだろうか、と。

でも、それを確かめる術はない。

35歳既婚男性商社勤務の援助交際告白

たまには奥さん以外のエキスがほしいって思いましね、しかしオジサンを相手にしてくれるような若い女の子なんてそうそう簡単に見つかるわけないものでして、若いエキスを吸いたくてしょうがなくなってしまいまして援助交際に手を出すことになったのです。
出会い系サイトを観ていますと援助交際を目的とした女性たちが簡単に見つかるものですね、お値段も手頃だし自分の小遣いから出せますから奥さんに内緒で若い女性の肉体を楽しむことができると嬉しくなってしまいました。
何人かの女性にメールを出してみますと返信が早い、さすがに援助交際を目的としているだけのことはありますねリスポンスの早さに感激しながら一番若い女性とアポ取りました。
19歳でフリーターをしているというミッチャンは劇団に所属していて役者になる夢を持っているという子、バイトだけでは生活費も活動費用も苦しいらしくて援助交際でまかなっているということでした、それとストレス解消と快楽も得たいという話までしているのです。
こんな子が相手ですから実際にセックスは最高に盛り上がりましたね、援助交際ですからかねを支払ったぶんは楽しみたいですから、こういうタイプの子が相手だといいセックスになります。
19歳のオマンコの美しさ、眼を見張るものがありました。
筋マンといっていいほどビラも小さく、オマンコの中の色がビンク色でとても綺麗でした。
きつく締まる膣の感触なんて本当に久しぶりでペニスがこの上なく気持ちいいんです、その日は何度も彼女の膣内に挿れてタップリと快楽を楽しむことができました。
味をしめましてね、月1程度で今では援助交際を楽しんでリフレッシュしています。